老化を予防する亜鉛

精液の質を良くしたい人が、なぜ亜鉛を摂らないのか?

卵子は老化するとよくいわれたりしますが、近年では精子だって老化することがわかってきています。不妊症の原因は男女共に見られるもので、年齢には勝つことができないのです。ただし毎日の食生活でできるだけ細胞の老化を防ぐことはできます。それが亜鉛というわけです。

 

・ 精子は毎日新しいものが作られる
・ 排泄しないと精子は劣化しやすい
・ 年齢でも精子の質が悪くなってしまう

 

精子は毎日新しいものが作られるため老化しないんじゃないの?と思っている方も多いでしょう。実は排泄せず体に蓄積すると劣化しやすくなり、さらに年齢の影響も徐々に出てきてしまいます。女性の場合は卵子が生まれたときに既に数が決まっているため、30代や40代くらいから劣化が気になりだしますが、男性の場合現実的な限界は50歳前後だともいわれています。

 

精子が劣化すれば運動能力が落ちて受精しにくくなり、精子の量が減り、奇形精子も増えやすくなります。亜鉛は細胞分裂に必要となるミネラルですから、加齢に負けないためにも積極的に摂取しておきましょう。

 

細胞の合成力や細胞分裂力を上げておけば、年齢に打ち勝つことはできる可能性が高くなります。年齢的な劣化とは生活習慣、食生活の影響が高いと考えられているからです。