精液が作られる場所

精液が作られる場所

精液の量や質を良くするなら、精液が作られる場所も覚えておきたいものです。何もしなくても自然と作られるため、意識したことが無い人も多いでしょう。妊活をしている夫婦でも、女性は自分の生理や体の仕組みをよく理解しているのに対し、男性は意外と無頓着です。

 

・ 精子は精巣でつくられる
・ 精子ができるまでに約80日間必要
・ 精子の元となる細胞が細胞分裂してできる

 

まず精巣は精子を作る場所で、男性ホルモンも分泌しています。睾丸とよばれる部分は精子を貯めておく場所となります。最後に精管から精嚢へと送り届けられます。

 

体に溜まった精子は古くなれば自然と体に吸収され老廃物として排泄されていきます。そして刺激が加わると脳からの指令により体外に排泄されます。このときに精嚢や前立腺からの分泌液と混ざり合い精液として作られています。

 

今精液が排泄されたとしても、それが約80日前に作られた細胞がもとになっているのはあまり知られていないでしょう。良い精液を心掛けるなら1日や2日だけ改善してもダメで、細胞のもととなる状態を改善していかなければなりません。

 

そのための亜鉛やたんぱく質などの栄養素、血流を良くして生活習慣を改善することなのです。